【2020年最新】アダルトVRを見るならFANZA(旧DMM.R18)が最強の理由3つ

スポンサーリンク

アダルトVRを見てみたいけど、FANZA(旧DMM)ってどうなの?

見方や、値段は?作品の種類はどのくらいあるの?

今回は、そんな疑問を解決するため、

アダルトVRを見るならFANZA(旧DMM.R18)が最強の理由をまとめました。

これを読めばすぐに、FANZA(旧DMM)でアダルトVRを始めることが出来ます。

アダルトVRを見るならFANZA(旧DMM.R18)が最強の理由3つ

3ステップで簡単にアダルトVRを始められる

FANZA(旧DMM)では、以下の3ステップで簡単にアダルトVRを見ることが出来ます。

  1. FANZA(旧DMM)へ会員登録
  2. VRゴーグルの用意
  3. 動画再生アプリのインストール

① DMMへ会員登録

上記の手順で「空メール」を送信すると、登録したメアドに登録を完了するメールが届きます。

そのメールに記載してあるURLをクリックすることで、完了です。

無料会員登録はこちら

② VRゴーグルの用意

VRを視聴するには、「HMD(ヘッドマウントディスプレイ)」という専用ゴーグルが必要です。

安いものなら、Amazonで1,000〜2,000円代で買うことが出来ます。


  

「HMDによって違いはあるのか?」

実際に僕は、1,000円代のものから2、3万円代のものまで使用したことがありますが、

感想としては、「全然違う」

安い機器は、手軽にすぐ見れてこれからアダルトVRを試しに見てみようという方には、おすすめです。

しかし、本格的にアダルトVRを楽しみたいとなった時、装着感だったり視覚的な見え方だったり、もっと快適に見たい!という欲が出てきます。

そうなってくると、ハイグレードなHMDが欲しくなってきますね(笑)

「Oculus Go」のレビューページ

③ 動画再生アプリのインストール

会員登録、VRゴーグルを用意したら後は「FANZA VR動画プレイヤーアプリ」をインストールするだけです。

上記のQRコードを読み込むか、アプリストアで「DMM VR」と検索すれば出てきます。

インストールしたら、スマホにあるアイコンからアクセスします。

すると、下記の画面が表示されます。

登録した情報を入力し、「ログイン」すると利用できます。

後は、FANZA(旧DMM)で動画をダウンロードすれば視聴出来ます。

FANZA(旧DMM)のアダルトVRはコスパが良い

パッケージ販売の時は、撮影費用や梱包などのコストがかかり、相場が3,000円くらいでした。

インターネットが普及して、ダウンロードでAVを楽しむことが出来るようになり、通常の2Dの動画は、相場が1,000〜2,000円。

しかし、アダルトVRは新作でも、相場が980円!

旧作になれば、安いもので300円ぐらいで買えるものもあります。

また、FANZA(旧DMM)では定期的にセールを行っており、VR作品も対象です。セール時は、新作でも500円ぐらいで買えるものもあります。

FANZA(旧DMM)はアダルトVR取扱数国内No.1

開始当初からの売上本数は「1,100万本」を突破しました。

また、約1万タイトルのアダルトVR作品がFANZA(旧DMM)では配信されていて、現在発表されているアダルトVR作品がほぼ全て揃っています。

FANZA(旧DMM)がこれだけ人気の理由は、

  • HQ(ハイクオリティ)のVR動画
  • 多様なデバイス対応(Oculus・PSVRなど)
  • AV女優の独占作品No.1

また、10分ごとに更新されるアダルトVRの作品ランキングもあり、最新のアダルトVR作品、最新の女優をチェックできる。

FANZAランキングページ

▼VRエロ動画が14日間無料

エロVRが無料で見れる!

PICMO VRなら初回14日間無料!

↓今すぐチェック!↓

 

PICMO VR公式サイト

まとめ

アダルトVRを見るならFANZA(旧DMM.R18)が最強の理由を分かっていただけましたか?!

VRでAVを見る興奮やワクワクは、実際に体験してみないと分からないものです。

是非、今回の記事を参考に試しにヤッてみては?

タイトルとURLをコピーしました